家庭教師との契約期間に注意 〜 優秀な家庭教師を探す

main_top_over_navi
main_top

家庭教師との契約期間に注意

家庭教師を雇う場合、よい家庭教師にあって、受験日まで生徒と教師が協力しあって、勉学に邁進して欲しいと、親たちは願っています。大体はそのつもりで、家庭教師への依頼を契約します。しかし家庭教師をつけなくても、子供が自立を求めるようになったり、教師との相性に問題が生じ勉学に支障が生じるようになったときには、教師を断らなければなりません。この時、問題となるのが契約期間です。 例えば1年間の契約をしている場合、6ヶ月で解約しようとした場合、残りの6か月分は、教師の派遣もないのに、料金の請求が来ます。或いは、違約金という名目で、多額の金額が請求されます。 家庭教師派遣会社の中には、大した技量のない家庭教師を送りつけ、サポートもせず違約金を目的とした業務を行なっているところもあります。悪徳業者の一種で、売り逃げタイプの業者とされています。 契約期間が半年、或いは1年と言う派遣会社が殆どですが、契約の際には中途解約の場合には、どのようになるかはっきりと確認しておかねばなりません。 出来るなら月単位での契約で、長期の契約期間のない家庭教師派遣センターを選ぶことが、後のトラブルを回避することになります。契約はビジネスとして考え、対処していくことです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 優秀な家庭教師を探す All Rights Reserved.