曖昧な表現の派遣会社 〜 優秀な家庭教師を探す

main_top_over_navi
main_top

曖昧な表現の派遣会社

生徒と家庭教師の契約は、いわばビジネス上の契約です。だからこそ双方にとって曖昧のままの解釈でことを進めることは後のトラブルが発生したとき教育の場であるだけに、厄介なこととなります。 派遣業者の中には、曖昧な表現のまま、顧客と接しようとしているところがあります。会社自身、しっかりした経営内容もなく、サポート体制も覚束無く、説明するに足る内容のない会社です.こうした派遣会社は、回避するのが無難です。 曖昧な表現は、講師の内容についても使われます。東大生中心、プロの教師中心のスタッフを紹介しますと宣伝しても、全てが東大生、全てがプロの教師との表現とは全く異なっています。 曖昧な表現は、特に料金設定にも行われます。問い合せても、はっきりしたことはいわず、契約ぎりぎりの直前に提示し、高額な料金を提示するというものです。また施設使用料など、全く解することのできない項目も含まれている場合もあります。 資料請求したとき、料金体系を解るように公開しているところは、それなりに自信のある運営をしている派遣会社といえます。派遣センターに問い合わせてから、実際契約するまで、幾度かの折衝があります、その間、センターの担当者が行うことになりますが、しっかりした内容を説明し契約について曖昧性のないよう相談できる人であるかどうかが大事です。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 優秀な家庭教師を探す All Rights Reserved.