派遣会社との契約は急がず慎重に 〜 優秀な家庭教師を探す

main_top_over_navi
main_top

派遣会社との契約は急がず慎重に

契約書は契約する双方の債務を法的に決めてしまうもので、実効性が重いのです。契約書への捺印、署名は慎重の上にも慎重にしなくてはなりません。思わぬ債務の履行を責められ、経済的に損失をしてしまうケースも多くあります。 家庭教師派遣会社の中にも、一度電話で接触しただけなのに、翌日から営業マンが自宅まで日参して契約書へのサインを迫ってくることがあります。彼らは売上至上主義で、家庭教師のサポートは、念頭にありません。中には高額であるため。ローンを組んで支払うよう求める業社もいます。これらははっきりと、金儲けが目的の悪徳業社です。執拗さに負けて契約書にサインしてしまうと、とんでもないことになります。未然にするには毅然ととして断わって、二度と目の前に現れないようにしておくことが肝心です。 通常の営業を続けている派遣会社は、契約を急がせません。担当者が懇切丁寧に、システムを説明し顧客が納得するまで付き合います。その上で合意に達したら担当者が契約書の内容をも説明し、双方が納得した上での契約となります。自信のある派遣会社は、料金内容も分かりやすく、月払いが原則ですので決して多額の料金を請求することはありません。契約を急がせなくても、充分に生徒が納得する授業内容なので、無理強いする必要はないのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 優秀な家庭教師を探す All Rights Reserved.