悪い家庭教師を見抜くには 〜 優秀な家庭教師を探す

main_top_over_navi
main_top

悪い家庭教師を見抜くには

悪い家庭教師というのは、特に家庭教師としてではなく一般的に常識に欠ける、礼節をわきまえないなど、世間的評価の低い人のことです。こうした人は、面接の時に大体判断されます。挨拶が正しく出来ない、時間に送れる、自己紹介をきちんと行えない。第一印象で気になるようでしたら、別の教師の派遣をセンターに依頼する方が良いでしょう。 体験学習で教師の選択を決めますが、これはわずか1時間程の授業です。殆どマニュアル通りの工程ですので、これからの授業の進め方はわかりません。しかし体験授業では、生徒の質問に対して、生徒の目線に合わせてどのように回答するかは、わかります。 体験学習は、一度限りですが実際の学習過程に入ったとき良い教師と、悪い教師の差は歴然と出てきます。生徒は教師に対して、弱い立場で言いづらくなっています。この時、親が学習内容をチェックして教師の質を見極めなければなりません。ただ時間を潰すだけの教師は子供にテスト用紙を渡し、それを採点するだけで終わってしまいます。生徒がテストして強いる間、教師は自分のことで時間を費やしています。 教師と子供との相性がうまくいかないのも、生徒の方に問題がある場合がありますが、それを調整出来ない教師も失格といえるでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 優秀な家庭教師を探す All Rights Reserved.